清水博正 上州松五郎 歌詞

歌手:清水博正
作詞:北小路匠
作曲:弦哲也

誰が名付けた 上州松五郎(じょうしゅうまつ)と
かかる掛け声 晴れ舞台
義理と人情と 祭りにかけちゃ
他人(ひと)にゃ負けない 男意気
叩く酒樽 桴(ばち)さばき

ハァー
お国自慢は 数々あれど
温泉(おゆ)は草津に 水上 伊香保
下仁田コンニャク 高原キャベツ
山は谷川 赤城に榛名
お出でなされよ ご縁があるなら
オオイサネー

惚れた脹(は)れたと 口には出さぬ
誰に遠慮の 胸の内
母子(おやこ)ふたりの 生活(くらし)を陰で
そっと見守る 雨の夜は
男泣きする ひとり酒

赤城颪(あかぎおろし)が 男をみがく
月に嘶(いなな)け 勇み駒
嬶天下(かかあでんか)も どこ吹く風と
歌う八木節 名調子
男上州 松五郎

==

- スポンサーリンク -