河島アナム 人生れっすん 歌詞

作詞:河島亜奈睦
作曲:河島亜奈睦

さっきは君の気持ち考えもせず 知ったような口 叩いてしまったね
悪い事しちゃったよ 反省してるよ また今度ゆっくり話したいな

幼い頃泣かした男の子夢に出た! どうしようもないほどのクソガキだったよ
あの時はごめんなさい 今はもう会えない人にはどうやって伝えれば良い?

昔の事にとらわれたって にっちもさっちも進まない
開き直ったつもりで 追いやってやったはずでも 何年後かにまた思い悩むの繰り返し
で、そんな事ばっかしてると 言葉も感情も
光の速さで離れて行きそうで 寸止めでどうどうどうっ

僕は世界一の いや 日本一の不幸者だとかいじけた瞬間に
バタンとキューに閉じて 人生放棄したとして 生まれ変わっても尻拭いの旅
あなたがいなくたって生きてゆけると 全部サヨナラしたつもりだったよ
本当のピンチの時に何故か連絡が来て 助けてくれてたのはいつもあなただった

見てない様に見ててくれた そばで支えてくれていた
今からでも遅くはないよね ありがと
それを言葉にするのって 案外勇気がいるもんなんだ
だからこそその想いは すごく伝わる気がするんだ
近所の仲いいおじさんに 遠くのあなたに感謝する ありがと

人にも容量ってものあるから 「忘れたくない」 思い出も
悲しいかな 「忘れてゆく」 生き物らしい
けど全ての巡り合いがなくちゃ「今の私」じゃ ここにいない気がするし
心臓のあたりがあったかくなるのは 愛されてた事を覚えているんだね

見てない様に見ててくれた そばで支えてくれていた
今からでも遅くはないよね ありがと
それを言葉にするのって 案外勇気がいるもんなんだ
だからこそその想いは すごく伝わる気がするんだ
家族や近くの君に 生かされてる事に感謝する

さっき送ったメール 君の手元に届いてはいるはずなんだけどね
ホントの想いは届いてるんだかね
また今度ゆっくり飲みにいこう また今度ゆっくり話したいな

==

- スポンサーリンク -