氷川きよし ミヨちゃん 歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:平尾昌晃・音羽たかし
作曲:平尾昌晃

(せりふ)
皆さん マア 僕の話を聞いて下さい
ちょうど僕が高校二年で…
あの娘も…… ミヨちゃんも
高校二年の時でした

僕のかわいい ミヨちゃんは
色が白くて ちっちゃくて
前髪たらした かわいい娘
あの娘は 高校二年生

ちっとも美人じゃ ないけれど
なぜか僕を ひきつける
つぶらなひとみに 出会う時
なんにも言えない 僕なのさ

それでもいつかは 会える日を
胸に描いて 歩いていたら
どこかの誰かと よりそって
あの娘が 笑顔で話してる

父さん母さん 恨むじゃないが
も少し勇気が あったなら
も少しきりょうよく 生れたら
こんなことには なるまいに

(せりふ)
そんなわけで
僕の初恋は見事失敗に終りました
こんな僕だから
恋人なんて何時のことやら……
でも せめて夢だけは何時までも
持ちつづけたいんです

今にみていろ 僕だって
素敵なかわいい 恋人を
きっと見つけて みせるから
ミヨちゃんそれまで サヨウナラ
サヨウナラ……

==

- スポンサーリンク -