比花知春 君がくれたこと 歌詞

作詞:
比花知春/中山稔己

作曲:
中山稔己

流れる季節の中で 映りゆく日々の破片が
そうだよ… 大人になることで ひとつ手放して ひとつ手に入れる
出逢いは別れの始まりと 知りながら人はまた求めて
しまうんだよ… 誰かを思うことで毎日を歩いてゆく
支え合うことも傷つけることも すべてから逃げ出したくなったとしても
巡る時間の中 すべての場面で 君がいたからまた歩き出せたんだ…
ただ 逢いたくて… 君に逢いたくて… その胸の温もりに触れたくて
このままで… まだこのままで… 心の涙が止むまでは
本当はいつも「出逢い」にサヨナラなんてしたくない
二人気付いた幸せを 会えない時間の不安に
代えてね… 優しいその言葉で ただそれだけで良かったのに
ワガママばかりでいつも 困らせてしまってごめんね…
ほんとはね… 君の精一杯を毎日感じてるよ
許し合うことも理解することも 時にはぶつかり合ったとしても
心と心で 素直な気持ちで 向き合うという事教えてくれた…
ただ 逢いたくて… 君に逢いたくて… この胸の高鳴りを伝えたくて
このままで… ずっとこのままで… 心の傷も癒されてく
もう二度とこの「出逢い」にサヨナラなんてしないよ
ただ 逢いたくて… 君に逢いたくて… この胸の高鳴りを伝えたくて
このままで… ずっとこのままで… 心の傷も癒されてく
ただ 逢いたくて… 君に逢いたくて… この胸の高鳴りを伝えたくて
このままで… ずっとこのままで… 心の涙が止むまでは
本当はいつも「出逢い」にサヨナラなんてしたくない

==

- スポンサーリンク -