椎名へきる 星空のシャワー 歌詞

作詞:
中山加奈子

作曲:
後藤次利

夢を見ていたの ひとりぼっちで
わたし泣いてたの 裸足のまま
夢が醒めたとき 覗き込む眼が
風の吹くような キスをくれた

「だいじょうぶだよ」あなたが笑う
ほらね なみだ また落ちる 愛に触れるたび

あなたの後を ついて行きたいの
もしも未来が 晴れた日ばかりじゃなくても
広い宇宙で ふたりが出逢えた 不思議
この奇跡を 信じてみたいの

時はいつだって 回転木馬ね
つのる愛しさを 追い越してく
生まれ変わったら たぶん逢えない
だからこの恋に 賭けてみたい

うまく言えずに 胸がいっぱい
背中ごしに 叫んでた「どうかそばにいて」

あなたのために 生きて行きたいの
ひとつひとつの 場面を心に 刻んで
ほんとの恋は 育てるものよね きっと
見上げた時 星空のシャワー

あなたの後を ついて行きたいの
もしも未来が 晴れた日ばかりじゃなくても
あなたがくれた 安らぎがいまは すべて
ふたりの上 星空のシャワー

==

- スポンサーリンク -