松村和子 よりみち酒 歌詞

歌手:松村和子
作詞:麻こよみ
作曲:水森英夫

お湯割り焼酎 二杯まで
決めて寄り道 裏町酒場
ほんのり酔えば ゆらゆらゆらと
心の隙き間に 浮かぶ人…
そっと過去(むかし)に 戻る夜

幸せいつでも すれ違い
グラス持つ手に こぼれる吐息
一緒にあの日 夜汽車に乗れば
違った人生 あったはず…
遠い面影 さがす夜

木綿(もめん)の暖簾が また揺れて
胸を横切る 思い出夜風
悔やんでみても 返らぬ月日
私をおぼえて いるかしら…
路地の灯りが しみる夜

==

- スポンサーリンク -