松実宥(MAKO) 麻雀あったかぽっぷ 歌詞

歌手:松実宥(MAKO)
作詞:ZAQ
作曲:ZAQ

麗らかな日差しが
校舎を明るく照らした
ぽかぽかで気持ちいいな
マフラーに埋めるほっぺた
みんなの笑い声
引き寄せられる方へ
私教室の端っこで
暖をとってしあわせ

「あれ、もう帰っちゃうの?」
「もう一回打ってこうよ」
「楽しくて仕方ないの」
「私もおんなじだよ」
ゆっくり ゆる?り
打つ手は緩めずに
でも夜は冷えるから
遅くなる前に帰りたいなぁ

ひだまりいっぱいの ぶかつびより
ゆらゆら ほかほか ふわふわ
ツモったら散る花びら
落ち着ける赤い牌
こんなにあったか?い

こんなに気分のいい日は
ホットココアを飲みたいな
春夏秋冬 震えながら
妹と打つ日々 楽しいな
まずは無難に対々和
遠慮がちに一盃口
フリテン注意で一通も
赤でそろえた中混一色

筒子、萬子、索子、花も風も
どの子にしよう 迷うよね
直観、幸運、信じて判断

はればれとした空 光に触れて
ぴかぴか きらきら そよそよ
ツモったら暖房つけていい?
リーチで一回休んでいい?
春風が気持ちいいから

マフラーの中には夢も詰まっているの
全自動麻雀卓にいつか
こたつ布団を敷きたいなぁ…だめかなぁ?

ひだまりいっぱいの ぶかつびより
ゆらゆら ほかほか あったか?い
そこ赤信号だよ
わたしの光 差し込んじゃう
暖かい赤い牌 大好きなの

==

- スポンサーリンク -