東雲皐月(浅川悠) Real Me 歌詞

歌手:東雲皐月(浅川悠)
作詞:RUCCA
作曲:原田アツシ

ホントの私 見つけてよ アナタの透明な瞳で
強がりもウソも脱いで 逢いに行く

ヒトリで何でも 出来ると想った
それはそう“真実”でも“間違い”でもなく
“幸せはきっと もっと自由だって”
ケーキを 頬張って 笑うひと

無邪気な眼差(まなざ)し 見つめ返せば
綻(ほころ)び出す 心からのメロディ

あの瞬間(とき) 出逢わなかったら 弱さの意味 知らないまま
孤独な夢を咲かせて 凛と揺れてた
アナタと2人でいれたら 過去(きのう)も未来(あした)も現在も
この胸にぎゅっと抱いて 描けるわ

一緒に過ごした 時間の意味なら
“シーンの多さ”だとか“長さ”じゃ測れない
アナタとのドラマ 文字へ換えたなら
長編小説も 書けそうよ

未完成だった パズルのピース
いつからか“アナタの絵”と気付く

風へ泳ぐ黒髪が アナタの薫りで光る
ジブン以外の誰かを 信じはじめた
磁石が惹(ひ)き合う世界なら 似てない2人も良いじゃない
歩幅合わせ歩こうよ どこまでも

あの瞬間(とき) 出逢わなかったら 弱さの意味 知らないまま
孤独な夢を咲かせて 凛と揺れてた
どんな言葉でも キモチ ねぇ伝えきれないから
2人の夢を束ねて いま届けたい
アナタが見つけてくれた ホントの私のすべてを
その胸でいま抱きしめて…抱きしめて

==

- スポンサーリンク -