星野源 フィルム 歌詞

映画「キツツキと雨」主題歌

作詞 : 星野源
作曲 : 星野源

笑顔のようで 色々あるなこの世は
椅麗な景色 どこまでほんとか
フィルムのような 瞳の奥で僕らは
なくしたものを どこまで観ようか

電気じゃ 闇はうつせないよ
焼き付けるには そう
嘘も連れて 目の前においでよ

どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ

わけのわからぬ ことばかりだな心は
両面の事件 どこまでほんとか
どうせなら 嘘の話をしよう
苦い結末でも 笑いながら
そう 作るものだろ

どんなことも 消えない小さな痛みも
雲の上で 笑って観られるように
どうせなら 作れ作れ
目の前の景色を
そうだろ

どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ
すべて憶えているだろ これから起こるはずだろ

==

- スポンサーリンク -