日食なつこ – floating journey 歌詞

歌手:日食なつこ
作詞:日食なつこ
作曲:日食なつこ

非現実世界への招待状はいつも突然に
私の頭の中へ放り入れられる
よりによって今日は4時間目
数学パズルの途中
早退理由は「空があたしを呼んでいる」

お昼時 12:42 のバスは
他の時間帯のバスより少しだけ混んでいる
制服の子供が1人乗り込んだもんだから
(こんな時間になんなんだ)って
ドライバーさんは顔をしかめる

終点まで乗っていこう 移り行くパノラマ焼き付けよう
街はやがて過ぎ去って 花だけが囲む一本道

ゆるゆるりと減速 やがてバスのエンジンがきれた
随分とまあ遠くまで離れた場所にきたもんだ
ふらふらりと歩き出す 目的もあてもないままに
そうやって辿りついた 大草原に足を投げ出す

柔らかな草の匂い 高く高く遠い空
ひたすら安寧を 求めていた自分に気づいた

Floating journey,take me away.
Take me away,where is utopia disphoria leads.
Floating journey,Take me away.
Take me away, where is like the sky.

夕焼けが落ちてくる 群青はやがて茜色
そろそろ帰ろうか、帰ろうよ

Floating journey,take me away.
Take me away,where is utopia disphoria leads.
Floating journey,Take me away.
Take me away, where is like the sky.

==

- スポンサーリンク -