日食なつこ – 夕立歌詞

歌手:日食なつこ
作詞:日食なつこ
作曲:日食なつこ

ほてったアスファルトが蒸発する匂い
止まった空間を掻き乱す虫取り網
終わってゆく夏の午後の気だるさから
人の気配が消えていく

至って陽気な向こう見ずの青空
すみっこ
押し遣られて積もり積もったもの
渡っていこうかあの入道雲

夕立がくる

雨音に紛れて死に絶えるほど泣くとき
あなたが隣にいたことなど1度もない
その掌の優しさには甘んじない
全部ひとりで背負うよ

決まって全て何1つ長くは続かない
あさっての方へ飛んで消えた眩いもの
黙って見送る
もはや悔やむ気さえもない

幸せは死に絶えた

土砂降りに捧げた貴重な大事な命
あなたに知らせる必要性は見い出さずに
さよならの意味はきっと履き違えられる
ならば いっそ もう 何も

終わってゆく 夏の午後の気だるさから
少女が夕立に消えた

==

- スポンサーリンク -