日食なつこ – レッドデータクリーチャー歌詞

歌手:日食なつこ
作詞:日食なつこ
作曲:日食なつこ

とんだ茶番劇さ お前も人間だったとはね
脱皮した抜け殻から 出てきた姿に呆れたさ

冷血動物の演技 冷酷な目をしたふりをして
背後じゃ別の生き物を かくまっていただなんて

せっかく生き残りの仲間を
見つけたと思ってたのに
ぬか喜びだったのだな
畜生
ちくしょう

こうして私はまたひとりぼっち
レッドデータ 絶滅危惧種のはずが
どうしてなかなか滅びないまま
残っちまったこの種の最後の一人

さみしいかなしいくるしいこわい 助けを請い手を伸ばす生き延び方
単独で生きたこの身なら 指差す権利くらいあるはずなのに

総じて慎ましく申し上げたって たった一個「弱者」のワードが抜けない
文字通り軟弱なお前らに向かい 私はなんでこうも怯えにゃならないの

「両手つないでさあ死ぬまでひとつ」
遠慮するよ
つなぐための手がないから

こうして私はまたひとりぼっち
レッドデータ 絶滅危惧種はいやだよ
本当はひたすら羨んでただけ
笑うお前を横目に明日も一人

==

- スポンサーリンク -