感傷ベクトル 人魚姫 歌詞

発売日:2012-08-03
作詞:田口囁一
作曲:田口囁一
歌詞:

ねえ 沈む惑星(ほし)を喩える言葉
知らずにいれば溺れずにいれた
忘れられてた伝わない歌を
飽きるまで胸で繰り返し捲る

割れた色の空を抱いて揺れる願い
この手のひらに残る熱に悲しき夢を見た
音の無い海の中

繰り返す日々に惑い
懲りもせずに傷ついて
痛みが二度と止まなければ
薄れることもない

また歌が響くなら僕は笑うよ
見え透いた嘘に気づかない振りで

怯える目に映る救いはどこにあるの?
この指先に触れるもの 醒めながら夢を見た
音の無い海の中

繰り返す日々に惑い
懲りもせずに傷ついて
痛みが二度と止まなければ
薄れることもない

僕らはいつも一人 歌を伝え泡沫へ
別れを告げて終わることを始める
この海で溺れるように

==

- スポンサーリンク -