影山ヒロノブ フユソラ~君の未来 君の幸せ~ 歌詞

作詞:
影山ヒロノブ

作曲:
影山ヒロノブ

気まぐれなソラの通り雨が ほらね 冬を追い越して 春色に街を染めてく
遠回りして帰る自転車道 君は少し寒そうで 僕の肩強く握った

君に触れるだけで 名前を呼ぶだけで 少し不安になる
いつまでもこの季節が ずっと色褪せぬように

もし君が 泣きたい時は いつもそばにいて
魔法の歌を 歌ってあげる
どんなときも 君を包み見守ってゆく あのソラになりたい

偶然ってやつはいたずらに ある日 君を連れて来た 降り注ぐ木漏れ日の中を
僕はといえばなさけないくらい ずっとうつむいてただけ 微笑んだ君が眩しくて

出逢った日の気持ち 初めてのデートや 君を泣かせた事
思い出が溢れ出して ふっと切なくなるんだ

いつか君が 旅の途中で 道に迷っても
僕がその手を 強く握るよ
どんなときも 君を守る光になって 闇を照らすよ

手の平の中の太陽を 雨にさらさないように
いつでも僕は ここにいて 君のソラになるよ ずっとずっと

もし君が 泣きたい時は いつもそばにいて
魔法の歌を 歌ってあげる
どんなときも 君を守る光になって 闇を照らすよ

==

- スポンサーリンク -