影山ヒロノブ フガイナイゼ!~song for Stardust Punks~ 歌詞

作詞:
影山ヒロノブ

作曲:
影山ヒロノブ

ふがいないぜ 俺は ふがいないぜ いつも
思い出を捨てきれず 足踏みしたまま
わかりきっていても たまんないぜ 今夜
Oh oh oh ガラス越し幻を 見つめてる

まるで 火の中の焼きついたジェイルを
手探りでつかむような生き方だった

うらぶれた街角の うざい喧噪の中で
俺達ただ 子猫の様に 暖め合ってた

ずっと 坂道を転がり続けてきた 路地裏のエンジェル
やすらぎなんてクソだと思ってた

何も持たない事が かっこいいと信じてた
雨の中で 牙をむいて クラクションみたいに叫んでた

ふがいないぜ 俺は ふがいないぜ いつも
いとしいお前のロンリネス 気づけなくって
わかり合っていても 待てなかった おまえ
Oh oh oh 寒空にフレーズが響いてた

きっと 自由への扉が見つかると信じてた
そしてずっと一緒だと思ってた

もしも あのまま二人 ここで走り続けたら
いつの日にか 今世紀のBonnie and Clydeになれたかなぁ

ふがいないぜ 俺は ふがいないぜ いつも
ロックスター気取り 吠えるだけの 星屑だった
つまんないぜ 俺は たまんないぜ ずっと
Oh oh oh 錆び付いた口笛が泣いてた

街を歩けば今も 探しちまう
こんなところに居るはずもないのに
もしももう一度 お前に どこかで巡り逢えるならば
あの夜 かき消されたままの言葉を 伝えたいのさ

ふがいないぜ 俺は ふがいないぜ いつも
思い出を捨てきれず 足踏みしたまま
わかりきっていても たまんないぜ 今夜
Oh oh oh ガラス越し幻を 見つめてる

==

- スポンサーリンク -