川田まみ らせん階段 歌詞

歌手:川田まみ
作詞:川田まみ
作曲:井内舞子

I go up the spiral staircase. もっと高みを目指して
I go up the spiral staircase. そうだ、君だって

「なってみせるさ」
そう君に誓って 今改めてそんな風に言えるかな
大人になって世の中の事知ってって、言い訳だよね
持て余してるのに

悔しくて泣いたのは事実
それは本気だって証でしょ?
それがあれば遅くはないから

いつもこの場所で 同じ景色見てきたんだ
春、桜 夏は花火 見上げてばかりじゃつまんない
明日は高い場所へ 絶景だって言えるまで
らせん階段のぼる
いつかなりたい自分に変わる

「なんか照れるな」
今更な気がして ありがとうも随分言わなくなってた
言葉じゃなくてフィーリング、とか言って
誤摩化してきたから 伝えられない uh…

本当は大切に思っている
なのにまたあたって
これでしかぶつけられない
また戻れるかな

いつもこの場所で 同じ景色見てきたんだ
秋、すすき 冬は時雨 濡れた服ではしゃぎ合った
変わらない何かを守る為には進むんだ
らせん階段のぼる
だからいつまでも一緒だよ

季節の環の中で 生きる息吹きを感じよう

いつもこの場所で 同じ景色見てきたんだ
でも違う、つぼみ開いて あの花もまた色づいた
ah 届けたいんだ 君にもこの景色ごと
らせん階段のぼる
だからなりたい明日に変える

なりたい自分に変わる

==

- スポンサーリンク -