山本あき 孤愁人 歌詞

歌手:山本あき
作詞:石本美由起
作曲:三木たかし

祭りが過ぎたら 町に
残るものは 淋しさよ
花火が消えたら 空に
残るものは 淋しさよ
愛は風さ 激しく吹いて
何処かへ 消えるよ
だから 人のこころは孤独
涙の愁(うれ)い人
花は咲いて 小鳥は啼いて
その命 終るのさ
みんな独(ひと)り 私も独り
これが生きる さだめ

ときめきうすれた胸に
残るものは 切なさよ
信じて別れた 恋に
残るものは 切なさよ
愛は星よ ひと夜を誓い
夜明けに果てるよ
だから いつも この世は無情
寄り添う 人もない
夢は醒めて 願いは途切れ
肩に降る 枯れ落葉
みんな独り 私も独り
これが生きる さだめ

愛は風さ 傷跡残し
何処かへ 去ったよ
だから胸に 悲しみまとう
私は愁い人
花は咲いて 小鳥は啼いて
その命 終るのさ
みんな独り 私も独り
これが生きる さだめ

==

- スポンサーリンク -