山崎あおい ハルバル 歌詞

発売日:2012-08-22
作詞:山崎あおい
作曲:山崎あおい
歌詞:

僕は笑ってみた 春風に吹かれた 二人最後の帰り道
ねぇ 何話そうか? そんな顔されたら 寂しくなるよ

「忘れないから 忘れないでね」「諦めたりしないでね」
何も言えずに ただ泣きだしてた

遥々遠い街へ 風が君をさらってゆくよ
大人になんかならないでよ そばにいてよ
君は弱さを置いて 前だけを見つめてるよ
「会えなくなるね」口元でそっと こぼしていた

君は新しい街で 新しい友達と 新しい恋人ができて
ああ 知らないうちに 知らない人になってしまうのかな

大人になれば大人なりの 二人がいるだろう
だけどさ やっぱり 伝えておかなくちゃな

遥々遠い君へ 僕はここで歌っていくよ
君との日々を胸に抱いて 音にのせて
君がくれた強さは きっとずっと変わらないよ
会いたくなる日も これからも きっとあるんだろうけど

ぼくは君の手を取って 出来るだけ優しく握った
君は少し笑って 僕の手を握り返した
「忘れないから 忘れないでね」「諦めたりしないでね」
全部君に届いた気がしたよ

遥々遠い街へ 風が君をさらってゆくよ
辛いときには電話してね 会いにゆくよ
がんばってほしいこと いつでも待っていること
ありがとうってこと 本当に君が好きだったこと
春風にのせて 君に届け

==

- スポンサーリンク -