小林幸子 – 道(はないちもんめ)

道(はないちもんめ)
小林幸子
作詞:さだまさし
作曲:さだまさし
歌詞:

父の手に背伸びして歩いた道
叱られて泣きながら走った あの道
留守番に耐えかねて母を待った道
土産持つ祖母の胸に飛び込んだ あの道

今更に懐かしい あの頃を
今 遠い町でひとり想う
まだ天使だった私を
道は 憶えているかしら

ふるさと 離れて はないちもんめ
ふるさと 恋しい はないちもんめ

放課後に初恋を眼で追った道
草野球 夕焼け ともだち あの道
卒業の熱い胸冷ました道
胸張って町へ出る時 ふり返った あの道

今更に遠い空にひとり誓う
辛くとも 心だけは捨てない
もっと 大きくなった私を
道よ 待っていておくれ

ふるさと 離れて はないちもんめ
ふるさと 恋しい はないちもんめ
ふるさと 離れて はないちもんめ
ふるさと 恋しい はないちもんめ

==

- スポンサーリンク -