小林太郎 鴉 歌詞

作詞:
小林太郎 nbsp;

作曲:
小林太郎

华やかな街を避け 路地里に伫んで 贪り食らう鸦を追い払った
啼き声响き思わず泪溢れて 独りで生きる不安と怖さを知る

一体どんな梦を见ればいいの 黑一色の手で

哀れ 枯叶舞い散って 摇らり大人に熟れないままで
ならば 飞べない人达よ
俺は鸦になる

まぶしい光の中座り迂んで 走り回る子供を眺めていた
无邪气な顷の自分がこの手を引いて 气づけば重い体を起こしていた

歪な梦の描き方に 嫌气が差したんです

仆ら 全部夺い盗って 摇らり何故か满たされないまま
ならば 飞べない人达よ
俺は鸦になる

ねぇ 素直な气持ちで 明日へ飞び去りたいもんです
真っ黑に染まった手でも 描いてきた梦掴めるのかなぁ

仆ら 全部夺い盗って 摇らり未だ满たされないまま
ならば 飞び立つその日まで 君を连れて

哀れ 枯叶舞い散って 摇らり大人に成らないままで
さらば 飞ばない人达よ
俺は鸦になる

==

- スポンサーリンク -