小林太郎 飽和 歌詞

作詞:
小林太郎 nbsp;

作曲:
小林太郎

形状记忆型每日です
どんな负荷にも耐えては戻ります
折れることはない 折れることはない
ただ嵌まりすぎて拔け出せない

缲り返しといえば恋爱です
どんなモノも一瞥 顶きます
饱きることはない 饱きることはない
でもハマれそうにない

目に映るもっと绮丽な色を搔き集めたい
この旅はどんな笑颜を作って仆を骗すのかな
苍く耸え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を见たい
通れない道はない
そんなものは无い

怠情记录型每日です
梦がないと叹いては游びます
消えることはない 消えることはない
消そうにもモノが何处にも失い

それでもこのままじゃ落第です
自分の価值を今こそ知りたいんです
头から爪先まで值札を付けて生きてるみたい

唯 纯粹にもっと绮丽な风を手に集めたい
この旅はどんな免罪符でその场凌ぎできるかな
苍く耸え立ったドアの内侧で
青でない空を描くなら
君なら何を描く?
その指先で

もうどうにもできないような妄想、迷想の类いを
この空へ押し上げるように
もうどうにもならないような仆を、君を
饱き足らず抱きしめよう

目に映るもっと绮丽な色を搔き集めたい
この旅はどんな笑颜を作って仆を骗すのかな
苍く耸え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を见たい
通れない道はない

目に映るもっと绮丽な色を搔き集めたい
この旅はどんな仆らを作って道を照らすのかな
苍く耸え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を见たい
通れない道はない
そんなものは无い

苍く耸え立ったドアを蹴破りたい
青でない空の色を见たい
通れない道はない
そんなものは无い

==

- スポンサーリンク -