小林太郎 泳遠 歌詞

作詞:
小林太郎 nbsp;

作曲:
小林太郎

世界の中心で思ったこと 生きることが容易い
身体中に注射针が 刺さって拔けない そんな午后

破れたジーンズから颜を出した 真っ白な自分が
耻ずかしいと思うことが 耻ずかしいと何故思うんだろう

消える未来 头を照らして
するべきことを探していた

声が届くことも无いこの海で どこまで仆は泳いでいける?
进め それでも进め 心して进め
やがて太阳が升る

世界の隅っこで泣いていた 生きることが苦しい
身体中の注射针も たちまち逃げ出した そんな午后

破れたジーンズから颜を出せば 污れていく自分が
许されては 褒めてられては 耻ずかしいと思うことすら忘れていく

消えた未来 仆等を照らして
するべきことを思い出していく

声が届くことも无いこの海で できるだけ远くへ泳いでみたい
世界のどこにも居やしないような
そのままの自分で

==

- スポンサーリンク -