小林克也/ザ・ナンバーワン・バンド 六本木のベンちゃん 歌詞

作詞:
小林克也/嘉門雄三

作曲:
嘉門雄三

ふたり きゃーめぐろの アパートの窗
电信柱が见えた!
おそうじ せんたく シャイシャイ
お料理おつかい
仆チャン达ってきれい好き
ゴトー花屋さんのスイトピー
水をたっぷりこいて
お花はチンチラホイで
君は泣いていた
花は花 むりやり花だから
散れば舞うよな この人生

雨がチャップリ降っと
君を迎えに赤いアンブレラっちょね
有名な防卫庁のまうしろあたりへえった
秀和レジデンス
店の名前は何でしょね
忘れていないはっちょねー
UCCのネオンがやけに黄色っちゃって
泪のキャフェテラス
店は店 たかだか店だけど
店という名の この人生

私のいい人连れて来い
元气のいい奴 呼んで来い

“ベンちゃーん どこー?”
“ねぇ、おはぎ作っといたよ”
“ウン”
“ベンちゃんの好きなつぶアンにしといたからね”
“ありがと”

秋がぶっとんじゃって
冬春はぶいちゃって
いきなり夏が来た
田舎归ると言い残したにし
枕元 おき手纸
アマンドあったりへ おいかけた
知ってはいたけど
ひどいでないんでないの
仆は泣いチッチ
爱は伤 かまれた腕の伤
想い出の证この齿形

“それが仆からの置き手纸さ おじさん”

サイナラ ベンちゃん元气でな
一人生きていく六本木

==

- スポンサーリンク -