宮崎薫 ネイティブダンサー 歌詞

歌手:宮崎薫
作詞:山口一郎
作曲:山口一郎

いつかあの空が僕を忘れたとして
その時はどこかで雪が降るのを待つさ
季節は僕らを追い越して行くけど
思い出は立ち止まったまま 冬の花のよう

僕はいたって最後方 思い出したのは辛い事
心が何年も何年もかけて染み付いた汚れ 落ちてしまえ

この街のずっと最後方 思い出したのはあの事
言葉が何遍も何遍も繰り返し回り始めた

淡い日に僕らは揺れた ただ揺れた そういう気になって
思い出のように降り落ちた ただ降り落ちた そう雪になって

いつかあの空が僕を忘れたとして
その時はどこかの街で君を待つのさ
季節に僕らが積み重ねてきたものは
思い出に立ち止まったまま 冬の花のよう

僕はいたって最後方 思い出したのは君の事
心が何年も何年もかけて染み付いた汚れ 落ちてしまえ

この街のずっと最後方 思い出したのはあの事
言葉が何遍も何遍も繰り返し夜に流れた

淡い日に僕らは揺れた ただ揺れた そういう気になって
思い出のように降り落ちた ただ降り落ちた そう雪になって

==

- スポンサーリンク -