宇都宮隆 インディゴの彼方 歌詞

歌手:宇都宮隆
作詞:田中花乃
作曲:nishi-ken

ミントを包んだ 銀紙のような 小さな宇宙にこぼした願い
キミはマジョリティ? 右手にその夢 握りしめて
クールな顔して街を歩いても 靴の底で弾け出す Big Bamg
殻を破って溶けてく情熱は ごまかせない

過去の 自分を越えてく 常識さえ 意味がないよ
例えば 僕らの「永遠」が 地球のまばたき程でも

サヨナラは言わないで ready alright キミの 遥かなる想いに
動き出せば一秒ごとに 違う景色が揺れる
まだ知らない インディゴの彼方へと いつか 辿り着ける日まで
空と海の間に立って 強く心のままに

僕となら…?

鏡の中に誓った約束 キミがあのとき選んだ運命
必ず届くなんて言えないけど 側にいるよ

過去の光は今でも 地上にまで 明日を運ぶ
誰かと 争うことより 手を繋ぎ ドアを開けたい

サヨナラは言わないよ ready alright 僕の遥かなる想いに
壊れそうな 心も見せて きっと 守ってみせる
カナシイのは“叶わない未来”よりも“叶え ようとしない今”さ
諦めじゃない 見極めてゆく 深い青の彼方へ

まだ知らないインディゴの彼方へと いつか辿り着ける日まで
空と海の間に立って 強く 心のままに
カナシイのは“叶わない未来”よりも“叶えようとしない今”さ
諦めじゃない 見極めてゆく 深い青の彼方へ

キミとなら

==

- スポンサーリンク -