天野月 CANDYMAN 歌詞

作詞:
天野月

作曲:
天野月

嗚呼
厭になっちまいました
あなたが擦ってるその黒い小さな粒を
吹き飛ばしてやりたい

そのふたつのおめめは
今日も明後日を見続けてるのかしら
目覚めない夢みたい

優しさを振り翳す
あなたのお腹のイチモツを
見間違えた事など
一度もなかったあたしでした

SWEET BABE
無様なCANDYMAN
此処から銃を構えあなたを撃つ
You’re just sweet babe
逃げられやしないわ
この目が黒い限り

SO
誰かを讃えて
媚びを諂うその掌返すほど
何を守ってるの

絶望はいつもHUNGRY
口開けてあなたを待ち伏せ続けてる
おいでと手招く

あたしはこう言うだろう
あなたの味が恋しいわと
鵜呑みにするディーラーたちを
この罠に招待するために

SWEET BABE
無様なCANDYMAN
あなたを蹴散らす火薬を抱えて
I’ll aim at you, babe
サヨナラあげるわ
この目が黒いうちに

あなたが売り捌いた
甘くて綺麗な飴玉が
どんな代物だったのか
知らなかったとは言わせない

SWEET BABE
無様なCANDYMAN
あなたを蹴散らす火薬を抱えて
I’ll aim at you, babe
サヨナラあげるわ
あたしの手で

SWEET BABE
無様なCANDYMAN
此処から銃を構えあなたを撃つ
You’re just sweet babe
逃げられやしないわ
この目が黒い限り

==

- スポンサーリンク -