天野月 サンドリヨンの番犬 歌詞

作詞:
天野月

作曲:
天野月

あたしは指と指の間に
透明で分厚い膜を張ってる

両手をぴんと伸ばした位置で
あたしを匿ってる 空気のシェルター

もしも君がほんの少しでも
境界線を越えてきたら
牙を剥く番犬を放ち
君のココロをガブっと齧るわ

見えるなら そっと此処を破っておいで
あたしの真ん中の 宝物をあげる
感じるなら そっと壁を破っておいで
裸に出来たなら 君を抱いてあげる

綺麗なドレスに身を潜めて
幼気な王女のフリをしても
君を堕として 喰らうための
立ち振る舞いひとつ たくらめない

もしも君がこんなあたしごと
愛せると嘯くなら
牙を剥く番犬の頬を
撫でるぐらいの勇気が欲しいわ

見えるなら そっと此処を破っておいで
あたしは要塞の 天辺で待ってる
ガラスの靴なんて 忘れてあげないから
僅かな足跡を 血眼で探して

もしも君がほんの少しでも
境界線を越えるのなら
灰まみれに燻るあたしを
丸ごと全部 飲んでくれますか 今すぐ

見えるなら そっと此処を破っておいで
あたしの真ん中の 宝物をあげる
凶暴な護衛の 監視をくぐり抜けて
裸に出来たなら 君を抱いてあげる

見えるなら そっと此処を破っておいで
あたしは要塞の 天辺で待ってる
ガラスの靴なんて 忘れてあげないけど
裸に出来たなら 君を抱いてあげる

==

- スポンサーリンク -