天野月 くれなゐ 歌詞

作詞:
天野月

作曲:
天野月

それぞれの正しさを振り翳すように人は群れを成す
食み出すもの刈り取る鋏を携え わたしを捕らえる

狂いはじめてた ぬくもりの香り
揺さぶられた わたしを笑い
君は消えてゆく 闇夜の隙間に
わたしの身代わりに

朱く 朱く
永遠に刻み付いた
君とわたしをひとつ束ねた残骸
今も同じ永遠を泳ぎながら
わたしを待つの ちぎれた翼で
大空を舞って

どれだけ目が醒めたら 朝日の麓へ君を連れ出せる
どれだけ罰を拭う 愛を奏でたら わたしは戻れる

追いつきたかった 掴まえたかった
君とふたり 歩きたかった
君は逃げてゆく 閉ざした扉を
いくつも擦り抜けて

燻るほど
染まりゆく朱い罪を
優しい傷を わたしは抱いてゆきたい
今も同じ永遠を泳いでいる
君の翼に わたしの両手を
繋ぎ合わせて

わたしは生きてく 翼をもがれた
飛べない蝶のまま

朱く 朱く
永遠に刻み付いた
君とわたしをひとつ束ねた残骸
燻るほど
染まりゆく朱い罪を
優しい傷を わたしは抱いてゆきたい
今も同じ永遠を泳ぎながら
わたしを待つの ちぎれた翼で
大空を舞って

==

- スポンサーリンク -