天童よしみ 踊り子 歌詞

歌手:天童よしみ
作詞:松葉美保
作曲:勝又隆一

光るドレスを着て ヒールを響かせて 今日も踊る
廻るミラーボール はやし立てる声に 投げるウィンク

着飾っても 裸の心で
踊り明かす 夢は消えない

燃えてるハートで 流行のダンスで
見つめる瞳を 釘付け
生きてる鼓動が リズムを刻むわ
昨日の恋さえ 忘れて
星の街を泳ぐの 踊り子

腰のうねりは波 指のしなりは風 夜はショータイム
汗ばむ首筋に サウンド絡み付く 虹のステージ

眩しさだけ 通り過ぎて行く
手拍子さえ 今は聞こえない

輝く嵐に 心がざわめく
バラ色の彼方に飛んで
星屑のかけら 舞踊るここが
夢へとつながる 掛け橋
花を抱いて眠るわ 踊り子

燃えてるハートで 流行のダンスで
見つめる瞳を 釘付け
生きてる鼓動が リズムを刻むわ
昨日の恋さえ 忘れて
星の街を泳ぐの 踊り子

==

- スポンサーリンク -