天童よしみ ひとり街角 歌詞

歌手:天童よしみ
作詞:麻こよみ
作曲:大谷明裕

夜の街を さ迷えば 頬に風が冷たくて
今は帰りたくないのよ 待つ人も居ない 寒い部屋に
終わった恋だと分かっていても
ばかだね 聞き分けのない心
愛してる… 愛してる… 忘れられない
涙 胸の空き間に揺れる ひとりの街角

赤く染めたマニキュアの 色もなぜか淋しくて
いくら名前呼んでみても あなたにはどうせ届かないの
哀しい別れの待ち伏せさえも
ばかだね 気づかずに居た私
抱きしめて… 抱きしめて… もう一度だけ
濡れた まつ毛の先が揺れて たたずむ街角

あふれる人込みの中に今日も
ばかだね あなたさがしてしまう
愛してる… 愛してる… 忘れられない
瞳 閉じて面影揺れる ひとりの街角

==

- スポンサーリンク -