大沢逸美 東京サーカス 歌詞

作詞 伊藤アキラ
作曲 小杉保夫

街が暮れるころから サーカスが始まる

恋を遊びごころが もてあそぶ大都会

ナイフ投げの少年は あの娘をねらってる

ライオン使いの少女は ムチをしならせる

東京サーカス あいつもそのひとり

私を抱きしめ 好きだと ささやいた

東京サーカス 嘘だとわかっても

重ねたくちびる あいつに賭けていた

愛してしまったら ゲームになりゃしない

愛してしまったら 負けてもしょうがない

ある日ドアに一枚 下手クソな横文字

白い紙にGood-bye それだけの置手紙

生命網を外された 空中ブランコ

よくあることだと ピエロが首をふっている

東京サーカス かなしい恋あそび

あいつに抱かれた からだがまだ熱い

東京サーカス スリルのおかえしは

こぼれた涙と 他人のあざ笑い

愛してしまったら ゲームになりゃしない

愛してしまったら 負けてもしょうがない

東京サーカス かなしい恋あそび

あいつに抱かれた からだがまだ熱い

東京サーカス スリルのおかえしは

こぼれた涙と 他人のあざ笑い

愛してしまったら ゲームになりゃしない

愛してしまったら 負けてもしょうがない

==

- スポンサーリンク -