大沢逸美 夢中遊泳船 歌詞

作詞 森雪之丞
作曲 馬場孝幸

手紙さえ残さず あいつは消えちまったよ

悲しみの全部を 都会になすりつけて

馬鹿だね同じさ どこの街に逃げたって

あたしはとにかく 銀色の箱舟探してみるさ

何かほしいよ 何でもいいよ

心とりこにする silver dream

なぜ生まれたの なぜ生きてんの

知りたいよ 命ごと夢中になって

朝まで踊っても 海へぶっとばしても

仲間と騒いでも 胸はどこか淋しい

ドジだね ウブだね もっと楽にやりたいよ

心の傷跡 痛むのを忘れる薬は夢さ

何かほしいよ 何かしたいよ

きっと熱い嵐 silver dream

なぜ生まれたの なぜ苦しいの

知りたいよ 命ごと夢中になって

真夜中のtelephone 三度なってとぎれる

暗闇のむこうで アイツの声がしたよ

馬鹿だねつらけりゃ 照れずに戻っておいで

二人で捜せば 銀色の箱舟見つかるかもね

何かほしいよ 何でもいいよ

心とりこにする silver dream

なぜ生まれたの なぜ生きてんの

知りたいよ 命ごと夢中になって

==

- スポンサーリンク -