多田愛佳(渡り廊下走り隊7) へそが曲がる 歌詞

歌手:多田愛佳(渡り廊下走り隊7)
作詞:秋元康
作曲:熊上雅明

抱きしめようとする腕を
わざと冷たく拒絶して
殻を割ったよピスタチオ
ちょっと大人の味がする

こんな時間に呼び出して
そんな用なら馬鹿みたい
あなたと2人 カラオケで
昔のアニメ歌おうか?

愛してるんだ 本当は…
なぜか上手く伝えられないんだ
先回りして気づいてよ
私の気持ち

恋をする度
へそが曲がる
そう素直になれなくなる
興味ないふりして
チラチラリ チラチラリ
正面向いて 目が合ったら
未経験を見透かされそう
大好きな分だけ
へそが曲がる

確かあの娘(こ)とできてるって
風の噂で聞いたっけ
甘いムードに溶けて行く
そんな簡単な女じゃない

純情なんだよ 意外にね
見かけよりもきれいに生きて来た
傷つけるなら堂々と
傷つけなさい

マジになるほど
へそが曲がる
腕の中へ飛び込めない
どうでもいいふりして
気になるの 気になるの
進展もなく帰っちゃったら
後ろ髪を引かれるでしょう
どうにもできなくて
へそが曲がる

恋をする度
へそが曲がる
そう素直になれなくなる
興味ないふりして
チラチラリ チラチラリ
正面向いて 目が合ったら
未経験を見透かされそう
大好きな分だけ
へそが曲がる

==

- スポンサーリンク -