夏木綾子 雪のれん 歌詞

歌手:夏木綾子
作詞:瀬戸内かおる
作曲:岸本健介

追って行きたい 行かれぬ理由(わけ)を
知って啼くのか ゆりかもめ
港明かりも 凍てつくほどに
北はしばれて 吹雪いて荒れる
雪のつぶてが みれんに絡む
女ひとりの 港の雪のれん

かもめ通りの 小さな店で
いくつ季節を 変えたやら
ひとりぼっちは 慣れっこだけど
なんでこうまで 淋しくさせる
ふらりも一度 のれんを分けて
笑顔見せてよ 港の雪のれん

春の知らせは まだまだ遠く
今日も朝から 外は雪
恨み言など あるはずもない
少しいい夢 見させてくれた
ひとり今夜も 熱燗つけて
春を待ってる 港の雪のれん

==

- スポンサーリンク -