堀内孝雄 笑うは薬 歌詞

歌手:堀内孝雄
作詞:相田毅
作曲:堀内孝雄

ベッドに寝てる君のそば
毎日僕はひとつずつ
短い短い 物語
君に読もうと思います

笑えば君の気持ちさえ
はれて病いも消えていく
そうなったらいいなって
僕は自分につぶやいた

先生たちは来年の
桜を見るのは むずかしい
そんなに言うから この僕は
君に桜 見せたくなりました

短い僕の 物語
君は笑って聞いてくれた
気がつけば 桜の季節さえ
とうに過ぎていきました

このまま君が何度でも
桜が見れたらいいなって
先生たちも 驚いて
笑顔は一番の薬だと

夏は木陰で読みました
秋はベンチで読みました
冬は粉雪眺めながら
君の耳元で読みました

結局君は 3度目の
桜の季節に 眠りました
最後の僕の物語
途中で目を閉じました

聞いてくれて ありがとう
笑ってくれて ありがとう
めぐり会ってくれて ありがとう
心から君に ありがとう
心から君に ありがとう

==

- スポンサーリンク -