坊っちゃん 高崎線 歌詞

歌手:坊っちゃん
作詞:井手上誠
作曲:坊っちゃん

どこまで行くの 早く行かなきゃ 君のもとへ 君のもとへ
何をしてるの 早く言わなきゃ 君の事が 君の事が…

七度八分の 熱ニモマケズ 君のもとへ 君のもとへ
オレも男だ サシで言わなきゃ 君の事が 君の事が好き

「アタマで考えるよりは カラダで感じるほうが好き」
そんなのは そんなのは大嘘だろう?

赤羽駅で乗り換えて 大宮駅で降りるのさ
愛する君の住む街へ 全速力で向かうのさ

ロマンチックな 映画真似ては 君のもとへ 君のもとへ
何は無くとも 覚悟決めなきゃ 君の事が 君の事が好き

「線路に沿って歩いたら 私はどこまでも行けるの」
そんなのは そんなのは言い訳だろう?

赤羽駅で乗り換えて 大宮駅で降りるのさ
愛する君の住む街へ 全速力で向かうのさ

大宮駅に着いたらば 君の家まであと少し
もうすぐ君に逢えるのに どうして吐き気がするのかな

真実(ホント)の事を言うならば 愛する君はもう居ない
記憶の中の君ならば 現在(ホント/ミライ)の僕見て何て言う?
誰もが眠るその街で タバコの煙だけが舞う

==

- スポンサーリンク -