坊っちゃん もみじ 歌詞

歌手:坊っちゃん
作詞:井手上誠
作曲:坊っちゃん

引っ越しするって聞いた時はまだ
心の準備が出来ていなかった

幼馴染みだとか 角のよく吠える犬とか
帰り道の景色も やがて思い出の中

午後五時五十五分の空を 僕は見上げながら
二度と同じに戻らない雲と 自分を重ねてしまうよ
あの紅葉みたいに頬を染めてく君を思い出して
僕はまた歩き出したんだ

半袖じゃ少し肌寒くなったな
二杯目のコーヒー 飲み切れないまま

あの頃は良かった なんて少しも思わないけど
今日は理由も分からずに 涙が溢れてくるよ

午後五時五十五分の電車 僕は乗り遅れて
動き始めた窓ガラス越しに 君を探してしまうよ
あの紅葉みたいに頬を染めてく君の手の温もり
僕の左手に残るんだ

冬に葉っぱが散るから 新しい緑が生まれる
きっと きっと僕らもそうなんだろう

午後五時五十五分の空を 僕は見上げながら
二度と同じに戻らない雲と 自分を重ねてしまうよ
あの紅葉みたいに頬を染めてく君とまた会えたら
僕は伝えなきゃいけないな

==

- スポンサーリンク -