坊っちゃん めくり忘れたカレンダー 歌詞

歌手:坊っちゃん
作詞:井手上誠
作曲:坊っちゃん

季節はいつも少し急ぎ足 背中ばかり追い掛ける毎日
めくり忘れたままのカレンダーに ふと気付いて嫌になる

色んな人に迷惑掛けたな 失くしたものも沢山あったな
通りすがり古びた歩道橋の上 もう戻れない

凹んで 落ち込んで 少しずつ僕達は強くなれるかな
転んで また立ち上がって 進む

同窓会でなぜかあの人は 全然変わらないねと笑った
変わらない事が良いのか悪いのか 今でも分からずに

ごめんね 言えなくて 強がりな僕達もきっといつかは
笑って また少し泣いて 進む

大人になると時計の針が早くなるってホントだ
あの頃のあの気持ちは もう思い出せない

凹んで 落ち込んで 少しだけ僕達は強くなれたかな
今は今しかないし 今のままでもいいか
古いカレンダーをめくる

==

- スポンサーリンク -