喜多修平 CROW’s SKY 歌詞

歌手:喜多修平
作詞:松井洋平
作曲:上田晃司

深く色が消えるまで塗り潰された夜と
光が眠りについた此処は Holy World!
目を凝らせずにいるなら目を閉じてればいいさ
此処が気に入らないなら、今すぐに飛び立てばいいだけ

誰かの空ではなく、心が指し示す空へ!

I can break the dark! Cause I’m deeper dark!
Ah 翔けだすのさ
広げた翼は闇よりも黒く
奪われた輝きが Ah 刻みつけた
瞳の焔(ほのお)が、今名乗るのさ“CROW”!

遠く声が枯れ果てて音を無くした夜に
虚しく響く歌なら嗤(わら)え Ha! Ha! Ha!
耳を澄ませずいるなら塞いでいればいいさ
此処でなにか起こすなら、派手に騒ぎ立てればいいだけ

暗闇に捕らわれた心を奪い返すため!

I was borm from dark! But I break the dark!
Ah 戦うのさ
抱いた怒りはその血より赤く
手に入れた悲しみを Ah 突き放した
瞳の焔(ほのお)が、燃え尽きるまで“CROW”!

仕組まれたこの Close Sky、壊してその向こうの空へ!

I can break the dark! And I surpass dark!
Ah 翔けだすのさ
広げた心は空よりも青く
失った輝きを Ah 取り戻した
自由な翼で行くぜ Fly to CROW’s SKY!

==

- スポンサーリンク -