南波志帆 少女、ふたたび 歌詞

作詞:小出祐介
作曲:矢野博康

ルーフトップ 見上げた空には 今日も天井がないから
ずっとどこまでもいけそうな気がした
いかなくちゃ

きのうの未来 あしたの過去 わたしはどこにいるの?
鏡の前? 鏡のむこう? むずかしく考えちゃうよ

桜の風が踊るように わたしの気持ち、渦巻く
ドアノブに 手をのばしたら
ふ た た び

ルーフトップ 見上げた空には 今日も天井がないから
ずっとどこまでもいけそうな気がした
「待って」だなんて言えない 季節は待ってくれない
きっと、追いかけつづけなきゃいけない
いかなくちゃ

ひとりがいい ひとりはやだ わたしはどっちでいたい?
心、読みたい? 読みたくない? 「こころ」は読んだことない

桜を掃いて捨てるように わたしの気持ちも、変わる
正解は 背中合わせの
ま ぼ ろ し
ルーフトップ 見上げた空には 今日も天井がないから
ずっと終わらない青さが怖くなった
ちょっとかなしくなっても 泣きながら笑ってみます
両方とも、ほんとのわたしだよね?

光と影の あたたかくつめたい
真ん中
そこでわたしは生きてる
ルーフトップ 見上げた空には 今日も天井がないから
ずっとどこまでもいけそうな気がした

キャント・ストップ 見上げた夜空に 星が瞬くみたいに
もっと かがやくわたしでいたいから

「待って」だなんて言えない 季節は待ってくれない
きっと、追いかけつづけなきゃいけない
いかなくちゃ!

ふたたび、わたしは翔けるよ
ふたたび、わたしは翔けるの

==

- スポンサーリンク -