北野まち子 海峡の月 歌詞

作詞:麻こよみ
作曲:徳久広司

すべてを捨てて この海を
あなたと越える はずでした
誰かを泣かせて 私だけ
なれるはずない 幸せに
遠く遠く 離れて遠く
照らす面影 海峡の月

愛してみても つらいだけ
わかっていても 夢をみた
私と出会って いなければ
元の暮らしが あったのに
泣いて泣いて 死ぬほど泣いて
詫びる思いの 海峡の月

あなたへ続く 道のよに
ひとすじ海に 月明かり
今さらあなたを 追いかけて
何になりましょ 遅すぎる
好きで好きで こんなに好きで
胸にしみます 海峡の月

==

- スポンサーリンク -