北川大介 胸に汽笛が響く町 歌詞

作詞:喜多條忠
作曲:叶弦大

火の見やぐらや 駅前の
商店街まで そのままなのに
さよなら言った あの夜が
俺のあとから ついてくる
ごめんよ ごめんよ
泣かせちまったよね ごめんよ
胸に汽笛が 遠く響く町

濡れたレールの その先に
あの娘(こ)の町が あるのだろうか
想い出そっと トランクに
つめて夜汽車に 乗ったのか
ごめんよ ごめんよ
若すぎたんだよね ごめんよ
胸に汽笛が 遠く響く町

せまい部屋でも 窓の下
三色スミレを 咲かせていたね
元気でいます それだけの
葉書一枚 くれないか
ごめんよ ごめんよ
しあわせやれなくて ごめんよ
胸に汽笛が 遠く響く町
胸に汽笛が 遠く響く町

==

- スポンサーリンク -