北島三郎 火消し一代 歌詞

発売日:2012-06-27
作詞:原譲二
作曲:原譲二
歌詞:

生れながらの 性根とやらで
筋が 通らにゃ 許せない
火消し一代 江戸の隅までも
護る 預かる 人様の
明日の暮しに 命を賭けて
いくぜ辰五郎 男伊達

あがる火の粉は この身に受けて
ぐいと睨んだ 勇み肌
火消し一代 恩と情を
抱いて 背負って 人助け
無事を願って 八百八丁
いくぜ辰五郎 男伊達

いろは四十八 組ある中の
纏(まとい)一番 名は め組
火消し一代 いつもいつの世も
語り継がれて 人の為
役に立つなら それもよし
いくぜ辰五郎 男伊達

==

- スポンサーリンク -