初音 – R347 歌詞

R347歌詞 – 初音
発売日:2011-12-14
歌手:初音
作詞:初音
作曲:初音

陽のあたる道探して ひとりぼっちで歩いた
ユメと荷物を背負いこんで
やっとたどり着いたけど 交差点もうまく渡れない
慣れないコトバが突き刺さる

何をするためだったっけな 誰のために生きてるんだろう
冷たい空を見上げ 口ずさむ吐息のメロディー

君の笑顔に出会えて 私を変えてくれた 魔法みたいな
君がくれる言葉が私は必要なんだ そう だから そばにいたい

新しいユメ見つけて 走ってて気づいたんだ
古いユメ ここに置いていこう
交差点のすり抜け方 知らぬ間に覚えていて
痛みすら忘れちゃったかも

生き抜くことばかりで 大事なもの忘れてないか
流れる時の中で もう一度あの日のメロディー

君のやさしい笑顔を 見てたいから 好きだから 笑ってて
君のその一言が私を強くするんだ そう だから そばにいて

誰かの声に戸惑う 迷い流されて
心の自分の声は…聞こえている
誰かに笑われてもバカにされてもいいよ
君がいる それでいい

陽のあたる道探してひとり口ずさんでた あのメロディー

君のまぶしい笑顔は 私を変えてくれた 太陽みたいな
君がくれるすべてが私に必要なんだ そう だから そばにいて

==

- スポンサーリンク -