信政誠 パノラマエール 歌詞

発売日:2012-07-25

作詞:信政誠
作曲:信政誠

移りゆく季節の狭間に立ち
鮮やかに彩り変える景色をただ眺め思うのは
僕達は何を残せただろう?
いつだって自由は 手を伸ばし望めば確かにあるのに

生きることに追われるばかりで
追いかけてた憧れを忘れたりしないで

さぁ 季節の始まりと共に今
君は君を取り戻してゆくのさ
なんとなく流されてた 空っぽの日々を越えて
見失った日常照らすように
それぞれの空は仰いだ先に
君が望み願うだけで
パノラマのエールがいつも傍で微笑む

溜め息をいたずらに放っても
芽吹いた新緑がそれを汲み取って 新たな風を作る

枯れ落ちた命 はかない美しさ
朽ちてもなお鮮やかに生き抜いていこうか

さぁ 季節の始まりと共に今
君は君を取り戻してゆくのさ
なんとなくごまかされた かけがえのない憧れも
見失った日常照らすように
それぞれの空は仰いだ先に
君が望み願うだけで
パノラマのエールがいつも優しく包み込む

逃してしまった時間は戻らない
本当の自分の為 心が導く未来へ

さぁ 季節の始まりと共に今
君は君を取り戻してゆくのさ
なんとなく流されてた 空っぽの日々を越えて
見失った日常照らすように
それぞれの空は仰いだ先に
君が望み願うだけで
パノラマのエールがいつも傍で微笑む
新しい世界が君を待ち焦がれてる

==

- スポンサーリンク -