佐藤ひろ美 望郷歌 ~まほろば~ 歌詞

歌手:佐藤ひろ美
作詞:しほり
作曲:しほり

舞い散る花のように時は
この手をすり抜けてく
いつか君と帰れるだろうか

記憶も微かな 故郷(ふるさと)へ

千歳に結ばれゆく 密やかなしがらみ

季節の空騒ぎに 目を醒ます 妖

泡沫(うたかた)の日が朧ろに揺らいでも
抱き合わせの闇 共に生き抜く道を…

舞い散る花のように時は
この手をすり抜けてく
狂い咲き、爪立てる運命が
二人離せども
僕たちは背けない 今ここに生まれた意味を
かの時代を取り戻そう

愚かな欲望など何を生むのだろう
憎しみ、その狭間で 何ができるのだろう

遥か息づく八百万の理
今思い出して この手を差し伸べたら…

壊れかけた歯車に乗り
どこまで行くのだろう
光ありし場所に影あり
かりそめの平和ならば 脆く…

望む 真実 抱きしめたい

舞い散る花のように時は
この手をすり抜けてく
狂い咲き、爪立てる運命が
二人離せども
僕たちは背けない 今ここに生まれた意味を
かの時代を取り戻そう

故郷(ふるさと)へ…

==

- スポンサーリンク -