佐藤ひろ美 夏のファンタジア 歌詞

歌手:佐藤ひろ美
作詞:しほり
作曲:しほり

あの日の僕ら 無垢なまま いれたらよかったかな
誰かを想うということが「過ち」というのなら…

騒ぎ出す蝉たちの歌声が
夏雲を誘うよ
特別な“今”だけの煌めきを
ただ君と刻みたくて

遥かな時代(とき)の中
受け継がれて来た掟に
触れたら戻れないとしても

あの日の僕ら 無垢なまま いれたらよかったかな
誰かを想うということが「過ち」というのなら
求めてはいけない
ひと夏の幻想

いにしえの物語に隠れた
美しい罪と約束

青さにほだされて
ふたり飛び込んだ陽炎
嵐が来ても君を守る

この先僕ら いつまでも 一緒にいれるかな
人は弱いと知ったけど、哀しくはないよね?
求めていたのは
揺るぎない絆

あの日の僕ら 無垢なまま いれたらよかったかな
誰かを想うということが「過ち」というのなら…

この先僕ら いつまでも 一緒にいれるかな
人は弱いと知ったけど、哀しくはないよね?
求めていたのは
揺るぎない絆

==

- スポンサーリンク -