乃木坂46 涙がまだ悲しみだった頃 歌詞

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:内田智之

確かにそう私は
あなたに恋をしてた
ってかね 恋をしてる
つもりだったのよ
あなたは大人だったし
今 考えれば適当に
あしらわれていたわ

私がキスを迫ったこともあったね
なぜか後ずさりされて
それ以来 自信を失ったのよ

涙がまだ悲しみだった頃
胸の奥が締め付けられて苦しかった
そういう時どうすればいいのか?
学校じゃ何も教えてくれない
ぶつぶつ言いながら 帰り道の商店街
全力で走るしかなかった

大人になる前って
何だか損をしてた
だってね もっと楽な
生き方があった
人間 追えば逃げるし
そう 逃げれば追いかけるもの
一途すぎたみたい

あなたが女の人と歩いてた場面
偶然 見かけてしまって
街角で過呼吸になったっけ

涙をすぐ流せばよかった
我慢しなきゃいけないものだって思ってた
そう笑顔の作り方忘れて
友達や親に当たってしまった
心のあちこちが青い痣になったあの日
傷つくにはまだ幼かった

ようやく今 泣き方を知った
頭の中 空っぽにして俯けばいい

涙をすぐ流せばよかった
我慢しなきゃいけないものだって思ってた
そう笑顔の作り方忘れて
友達や親に当たってしまった
心のあちこちが青い痣になったあの日
傷つくにはまだ幼かった

==

- スポンサーリンク -