乃木坂46 心の薬 歌詞

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:MIKOTO

誰かに言われた
言葉の棘
気にしてしまうのは
自信ないから

嫌われることに怯えながら
見えない敵ばかり
勝手に作っていた

生きていれば 時々
嫌なこともあるさ
そんな日には
一人きり
思いっきり泣けばいいよ

涙は心の薬
そのうち楽になる
胸に溜まってる
悲しみ 吐き出そう
涙は心の薬
もやもや拭ったら
深呼吸をひとつして
最後は笑ってごらん

人はそう誰も
胸の内側
身勝手なナイフを
隠しているよ

自分でも何も気づかないまま
誰かを傷つけて
泣かせることもあるだろう

何のために生きるの?
何のための命
落ち込んだり
凹んだり
もう一度立ち上がれ

笑顔は愛の処方箋
元気になれるはず
暗い顔してちゃ
チャンスも逃げちゃうよ
笑顔は愛の処方箋
みんなをしあわせに
前向きに歩き出そう
明日が待ち遠しいね

涙は心の薬
そのうち楽になる
胸に溜まってる
悲しみ 吐き出そう
涙は心の薬
もやもや拭ったら
深呼吸をひとつして

==

- スポンサーリンク -