乃木坂46 ぐるぐるカーテン 歌詞

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:黒須克彦
発売日:2012-02-22

カーテンの中
太陽と
彼女と私
ぐるぐる包まれた
プライバシー
何を話してるのか?
教えないよ

何となく
落ち着くの
教室の特等席
仲のいい友達と
2人きりの世界よ

「あのね」
「私ね」
ぴったり身体寄せ
ひとつになったら
何だって
わかり合える

(彼女と私)

カーテンの中
そよ風と
花の香りと
ぬくもりを包む
シークレット
誰に恋したのか
そうよ
女の子なら
いつだって
死角になる場所くらい
こんな時のために
確保してる
男子禁制

たいていは
ふざけてる
私たちの毎日だけど
思いっきり
泣きたくて
ここに来ることもある

「平気」
「大丈夫」
心に近づいて
涙を拭ったり
抱きしめて
聞いてあげる

(誰かと誰か)

カーテンの中
太陽と
彼女と私
ぐるぐる巻かれた
プライバシー
内緒話するの
きっと
男の子たち
さりげなく
耳をそばだてて
どきどきしながら
聞いてるでしょう
ガールズトーク

開(ひら)いた窓
吹き込んだ風が
胸の奥のカーテン
恋の妄想
膨らませてる

カーテンの中
そよ風と
花の香りと
ぬくもりを包む
シークレット
誰に恋したのか
そうよ
女の子なら
いつだって
死角になる場所くらい
こんな時のために
確保してる
男子禁制

==

- スポンサーリンク -